札幌のお店、カラクリブタイとクロスカウンターのスタッフブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
やっとババコンガ倒したー・・・。
あ、独り言ね^^v
皆さんいかがお過ごしですか?
社長の皆さん7月ですよー。
月がまたげばワインも替わる。
社長の一言、社員も替わる。
と言うことで早速、新メニューワインをウェイします!!
みんなもついてきてウェイ。

今日は赤から。ぐっと。
1、グラディウム、テンプラニーニョ・クリアンサ’06
(スペイン・ラマンチャ・辛口赤)
パーカー90点
価格を大幅に超えた高い品質!
現代的な造りで、ほのかな甘さのある、わかりやすく程よく凝縮した果実味、やや低い酸、よく溶け込んだタンニン。
手ごろな価格のスペインにありがちな生臭さや酸化のニュアンスがなく、非常に上手に仕上げられている。
ヴァニラ、チェリー、甘苦系スパイスなどの香り
テンプラニーニョ100%
22~25℃で1週間発酵
アメリカン&フレンチオーク6ヶ月熟成~さらに瓶熟12ヶ月


2、サンコム、リトルジェームス・バスケットプレス・レッドNV
(ローヌ・辛口赤)
最新パーカー89点(ワイン・アドヴォケイト181号)
パーカー88点(2年間くらい)
GGVF(ベタンヌ&ドゥソーヴ)2008年度版15/20点
ノンヴィンテージですが、毎年微妙に味わいが異なります。2年くらい前は極めてジューシーでしたが、今のロットはよく凝縮しております。
合成コルク。紫がかったやや濃いルビー色。熟したベリー、肉、黒胡椒を含む少し甘苦いスパイス。
シンプルで開放的。ジューシーでわかりやすい果実味、思ったほど低くない酸、よく溶け込んだタン
ニンで、バランスも悪くない。予想より少しコクがある。ギガルのコートデュローヌ’03には及ばないが、この価格ならかなり良いでしょう。この手のワインは、寿司など生魚系は相性が悪いことが多く、生臭くなってしまうので気をつけたい。抜栓の次の日もおいしい。
グルナッシュ100%、無濾過
VDT=ヴァン・ド・ターブルでありながら、高品質&大人気!


3、ミッシェル・トリノ、ドン・ダビ・カベルネソーヴィニヨン・レゼルバ’08
(アルゼンチン・カファジャテヴァレー・辛口赤)
超一般受けのよい&プロ受けもよいワインです
’07 ワイン王国57号超特撰べストバイワイン5つ星!
’07 パーカー87点(5年間くらい)
カベルネソーヴィニヨン100%
ブラックベリーやダークチェリーなどの果実味と、レッドペッパーや樽熟成によるスモーキーなニュアンス。
’05 パーカー89点
’05 スペクテーター88点
標高が高い為、果実味がジャミーではなく、あくまでよいバランス、アフターも雑味なし
ブエノスアイレスから約1700km、アルゼンチン北西部に位置し、アルゼンチンワインの至宝と
たたえられる「カファジャテ」産のワイン
標高1700m
湿度が平均15%と低いため、ブドウが病気にかかりにくい

4、ギガル、コートデュローヌ・ルージュ’06
(北ローヌ・辛口赤)
パーカー88点(2008~2011年)
スペクテーター86点
シラー主体、グルナッシュ、ムールヴェドル他
久しぶりに飲むとやっぱりおいしい!価格以上の満足度!
香り味わい共に甘く凝縮してかつ、固さのない非常によい出来!ブラックチェリー&カシスのジャム
、甘苦系スパイスの香り主体の甘い香り。アタックもややインパクトのある甘い果実味、よく溶け込
んだ甘いタンニン、やや低い酸、甘苦さの残る心地よいアフター。誰もが『うまい!』と言ってしま
うであろう価格を超えた内容で、リリース直後から約2年経過して少しおいしく変化しているのだと
思われる。

5、ジャン・クロード・マス、ヴァンドペイ・ドック・ⅢB オーモン’08
(ランドックルーション・辛口赤)
リアルワインガイド28号にて大絶賛される!
↑コメントを読むとかなり強いワインのように感じるかもしれませんが、’08は例年より少しエレ
ガントな味わい。雑味や還元香がなくよいバランス。同じ価格帯のボルドーより優れているのは明らかです!
’07より樽香控えめ&メルローの個性が強く出ており、非常にエレガント飲み頃NOW~。凝縮感とタンニン、ポテンシャルは明らかに’07の方が上、エレガンスとバランスは’08の方が優れている。
’08は、M80%、シラー15%、CS5% (例年よりメルロー多い)
オーク樽熟成7ヶ月

ふぅ・・・。
ただこの中でも人気商品があって、入荷待ちなのもあるかもしれませんが、
ご了承ください。
今回メニュー提案にご協力いただきましたのは、「ワインの店いとう」様。
ありがとうございます。7月はよろしくお願いいたします。

まぁまぁワインの店いとうさんのワインセラーの凄いこと・・・。
久し振りの圧巻と、自然と口からこぼれ落ちる「すげぇ・・・。」
ワインに細心の注意と敬意を払った店作り。
コンセイエ・ワインアドバイザーの方の自信。
「これは手放しでお任せしたい。」と。
ぜひ一度おためしあれ。


よし・・・ガノトトス狩ってくるか・・・。
スポンサーサイト
2010.07.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://karakuributai.blog92.fc2.com/tb.php/816-794a74c7
  1. 無料アクセス解析
Tweet aokipoliceをフォローしましょう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。