札幌のお店、カラクリブタイとクロスカウンターのスタッフブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
ねぇねぇ・・みんなお花見予約した?
あちき当日行ってちょっと顔出そうかな~?とか思ってて。

って言う人!!マズイYO!!
お肉あたらなくなっちゃうから必ず予約してね?
ブタイで教えてくれても、メールでも。

いやぁ~5月になりましたね。
月がまたがればワインも変わる。
行けばわかるさ!ありがとぅ!!

今回はワインショップ円山屋 今村昇平商店さんとのコラボレーション。
特に面白いのは今回のラインナップ全て「自然派ワイン」で飲み比べなのです。
ただのオーガニックだけではなく、さらに厳しい規制をクリアした商品も。
ショップ店員さん曰く、「安いワインを飲んでるよりも、次の日の残り方が違う。」
とのこと。
それくらい化学肥料や農薬を使用しないことへのこだわりを持たせているんだな。と感心。
そんななかでも円山屋さんのF氏の力の入ったおすすめコメントを紹介。

Oビアンカーラ・イ・マシエリ 2008 (白)
 国 地域;イタリア ヴェネト
 セパージュ;ガルガーネガ トレビアーノ 
毎日飲みたい、毎日飲んでも飽きないワイン。“甘い水”と呼ばれるアンジョリーノ・マウレ氏のワインは
限りなく自然で、のどのドコにも引っかからずに体中にしみ込む。
野生酵母にこだわり、醸造中の人的介入を排する醸造哲学や自然な農法(バイオダイナミクスを実践)。
マウレ氏が元々中心人物であったが、フリウリのオスラーヴィアチームや
トスカーナのマッサ・ヴェッキアなどで知られるグルッポ・ヴィーニヴェーリのメンバーと同じ基準。
しかし、同じような哲学でワインを造っていても、この価格に抑えて、ある程度の量を確保するのは至難の業。
「あくまでも消費者あってのワイン造り」とどこまでも謙虚に、向上心を忘れず挑戦し続ける。
飲みやすく幅広くお料理にあわせられる、しみ込むような1本。


いやぁ~途中魔法みたいなカタカナばかりだったね。
飲んでみたけどめちゃうまい。すごく飲みやすくて、食事がうまい。
なんか食べたくなっちゃうな。
お試しAre。
スポンサーサイト
2010.05.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://karakuributai.blog92.fc2.com/tb.php/796-a4715994
  1. 無料アクセス解析
Tweet aokipoliceをフォローしましょう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。