札幌のお店、カラクリブタイとクロスカウンターのスタッフブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
眠い。
春眠暁を覚えずなのか?なんか34年間で一番眠さが持続しているような気がする。
とにかく眠い。ギブミーコーヒー!

先日に続いて僕の住むマンションでの出来事になりますが・・・。

1Fのある部屋が大掛かりな改装工事を何日か前からしていた。
いつも大工さんたちがグィーン!ガガガガガガ!と朝っぱらからド派手にやってくれていたから間違いない。
(ディープフォレストか喜太郎かケニーGみたく工事できないものかね?とか思い布団をかぶる日々)

そんな工事もひと段落したのかそれらの音が聞こえなくなったある日のこと。
息子と散歩から帰ってくるといつもの大工さんの車とは一味違う車が停まっていた。
まあ、ワゴン車ではあるのだがちょっとお洒落な感じ。
後ろのハッチバックの扉が開いていたので覗きこむとどうやら内装工の人の車らしい。
僕の同期にも内装工は多く見慣れた道具がきれいに整理されていた。
そのなか、僕の目を引いたのは『モトクロス』で使用されると思われる防具?ハーネス?(なんていうのかわからないけどアメフトの選手や北斗の拳とかで悪い奴が着てそうなヤツ)的なものが助手席の後ろに掛けてあった。
さらに注意してみると車の至る所にレーシングチームのモノと思われるステッカーが張ってあった。

僕の同期の内装工の連中にも多いのだがこの手の職人さんは『請け負い
』で仕事される方が多く、仕事する時はしっかりやって、趣味やなんかで休む時は結構しっかり休みをとるという、よくいうと青春謳歌している人が多かったるする。
この車の持ち主もさぞ人生を謳歌しているの違いないと思った。

すると、後ろから・・・

「あら、カワイイ!」と女性の声。

どーせウチの息子のことだろう!と親バカ全開で振り向くと・・・


オーファンタスティック!!

すっげー美人が・・・重そうなモノを持って????


そう、その声の女性が内装工だったのだ!
ちょっと茶色い長い髪を無造作にまとめて、ロンTにTシャツを重ね着して、適度に汚れていて、何より壁紙に糊付けしたり裁断する大きな機械を辛そうな顔ひとつせず担いでる姿に僕は釘付けになった。

「なんて犬ですか?」と彼女は車に機械を積み込みながら呆然と立ち尽くす僕に訊ねた。

事の衝撃に朦朧とした僕は慌てて正気を装いながら、

『コ・この犬は・・・いやコイツはじゃ・じゃ・ジャックラッセルテリアと言って、猟犬で・・・。」
とおそらく、いや間違いなくみっともなさ120%の僕に彼女は

『あ、じゃなくてワンちゃんの名前』


やってもうた!!!!!!!!!!!!

「ぁぁあ、オジーですぅぅぅ~」

「え?こんなちっさいのにおじーちゃん?どれ、おいで」
と彼女は息子とじゃれてみせた。


そこから彼女がどのように去ったのか?いや逃げるように僕がその場を去ったのかほとんど記憶がない。

部屋に戻って熱い茶を飲んで一息ついて息子に目をやると(使えね~)といった目で僕を冷ややかに見ていた。

多分、答えはそこにあるのでしょう。

とにかく、働く女性で、さらに自分の趣味をしっかり持っている・・・
つか、やっぱり働き者はカッコいい者だと感服した。
眠いとか言ってないで僕もちゃんと頑張ります!



『あ~ぁ 使えないなぁ』という目






070120_1410~0001.jpg

スポンサーサイト
2007.04.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://karakuributai.blog92.fc2.com/tb.php/78-ea20b8eb
  1. 無料アクセス解析
Tweet aokipoliceをフォローしましょう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。