札幌のお店、カラクリブタイとクロスカウンターのスタッフブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
♪ そこからは speechless  君を前にしたら 不思議です 
   なにもできない その雰囲気で それだけで オレをクルワセル マヨワセル のぉ~♪

秋晴れだぁ!

天晴れだぁ!

そろそろ本気で飯が美味いぜ!

日照不足でやばいとか言われてるけど、このまえジャッカン21歳の農家メンとジンギスカン食べてたら

『ちゃんと探せばあります。農家さんもイロイロで勘のいい人だとこーゆー事態にちゃんと備えてたりしますから』

オマエ・・・21歳にしちゃ落ち着きすぎだろ・・・。

とにかくオイシイモンをハンティング!

狩りの季節だぜ!


この前、60歳近い方だと思うが(年齢を聞けなかった)

一緒に仕事をした。

その方はとてもダンディな方で

身長は180はあって スラッとしてまして

前評判では気難しいとのコトだったのだが

会って挨拶したら一気に仲良くなれた。

ギターのコレクターだったり

車に詳しかったり

恥ずかしそうに愛する娘さんのことを話したり。

2日間という短い期間だったけど

なんかすっげぇ仲のいいトモダチみたいに。

歳なんて20は離れてるのに

そんなの微塵も感じなかった。

彼は言った。

『仕事とかだけの話だとこうはいかないんだ。 OBAZ君ともそうだけど、娘とも話をしたいときはやっぱり音楽の話から始めるんだ。音楽は僕にも君たちにも同じ存在なんだよ。年齢も性別も立場も関係しない場所へ連れて行ってくれるだろ?どうだろう?僕はそう思うんだが・・・』

そのとぉーりだよ!

なんか至近距離でそんなイイコト言うなよって!

そんな落ち着いたカンジでいい声で言うなよって!

久しぶりにカッチョエエ大人男子に会えた。

それからも仕事の合間を縫って僕等はいろんなことを話した。

どれもこれもイイカンジの観点から

どれもこれも僕とは違う考え方で

あれもこれもナルホドと頷いてしまうような

負けず嫌いの僕がムチウチになるくらい頷いて

チクショー!オヤジ、カッコいいぜ!


(なんだオレなんて全然ひよっこじゃん・・・こいつぁ頑張らねば・・・)

なんて思いながらも2日目の日もトップリと落ちて

歳の差トモダチの僕等にも別れのときが


『二日間、本当にお世話になりました。 とても勉強になりました。生意気ですが、またいつか一緒に仕事できたらいいなって思ってますのでヨロシクお願いします。』

なんか本気で寂しかったんでちょっと声張って挨拶した。

すると

彼はキャップを外して、高校球児の様に頭を下げて「こちらこそ」と照れくさそうに笑った。

なんかその瞬間

仕事で来てたんだけど

そんなんじゃなくて

ヤバイくらいイイ奴に会えたなっていう

ブタイ的な雰囲気にトリップして思わず

握手して

そのまま抱擁して

背中を

バンッバンッって2回。

立場忘れて。

で再び向かい合うと彼はさらに照れくさそうにしていたが小さく頷いて

『こーゆーのはしばらくぶりだ・・・いいもんだね』

と笑った。

『 じゃあ 来年 またやりましょう 』

と僕も笑った。

彼はまた2回頷いて

視線を落とし、またキャップを取り、そのキャップをこめかみの辺りで軽く振って背中を向けた。

僕も仕事に戻った。


本当にいいもんだ。

トモダチができるのも。

グッとくる抱擁ができるのも。


あんな風に

キザともとれる仕草やコトバを自然に扱えるほど

ダンディにはなれる気がしないけど

あーゆー男らしさもあることに気がつけたことで

ちょっと成長したかなぁ。

世界はまだ広く

すっげぇー奴はたくさんいるもんだ!

海賊王になりたくなった。

20090412-01.jpg
スポンサーサイト
2009.09.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://karakuributai.blog92.fc2.com/tb.php/707-d5f95ad7
  1. 無料アクセス解析
Tweet aokipoliceをフォローしましょう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。