札幌のお店、カラクリブタイとクロスカウンターのスタッフブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
One of the famouse MISO cooking「FUROFUKI DAIKON」・・・・・

最近教育的な番組でやってる、日本の伝統文化を英語で伝えてる、おそらく
海外の方向けのTVなんでしょうけど、やっぱり日本語でしかないものは
外国の言葉では言いづらいよね・・・。
「FUROFUKI DAIKON」

この前円山の大型スーパーの雑貨屋さんで、取っ手のついたかごを見つけて
常温保存の野菜入れにとてもかわいかったのでソク買い。
ついでに他も見てみようとぶらぶら店内を散策。
何か良いものあったらそのかごに入れて一緒に会計しようと。
さっそく有効利用してやろうと。
でも買うものなくそのままかごだけ買うことに。
コレくださいを言うでもなく、ぶっきらぼうにレジに出すと・・・。
「これ、店内かごなんですけど・・・・。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
HAZUKASI~~~~~~~~!!

そうだったのか!だから値札がついていないのか!!


最近見たテレビで、鎌倉のお勧めスポット!!
みたいのやってて
「ここは、地元の人しか来ない隠れた穴場なカフェなんです。」的なこと言ってて
野菜カレーがお勧めらしく、おいしそうなカレーを映し出して
そのあとカフェに来てるお客さんにインタビューするんだけど、
インタビューでびっくり!!
「ウン、コレハ(野菜カレーのこと)スゴク好キダカラ、イツモココデタノム。ウン。」

NANDEYANEN!!!
外人じゃん!!地元の人しか来ないって、そいつからはまったく鎌倉のにおいしないだろ!!
鎌倉に住んでんのはわかるよ?もっと地元感出せやぁ~~~~・・・。

日本語でしか表現できない場合ってあるよね?
スポンサーサイト
2009.06.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://karakuributai.blog92.fc2.com/tb.php/671-ff0aaee8
  1. 無料アクセス解析
Tweet aokipoliceをフォローしましょう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。