札幌のお店、カラクリブタイとクロスカウンターのスタッフブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
♪い~つ~の~ことだか~思い出してご~らん あんなこと~こんなこと~あ~った~でしょ~♪

WBC日本決勝ラウンド進出!
結局1位突破でしたな。
なんか原采配には相変わらず奇跡的な・・・感を感じてしまうのだが・・・。

まあ、青木でしょうね。
ここまでの立役者はね。
打てないイチローに騒ぐ前にもう少し活躍している選手へスポットを当ててみてはいかがかと。

あとは投手陣の素晴らしさ。
残念ながらマー君は今日一本打たれちゃったけど落ち込む必要なし!
球も走ってるし若いうちは勝負ですよ。
ちょっと調子に乗っただけだよ。
阿部のリードが悪い。
阿部は盗塁阻止とかしなくていいよ。
ランナー進んじゃうからね。
いかにジョージ(城島)がスゴイか良くわかりました。
とにかく、決勝へ1位突破!
連覇しようぜ!

とかく。
世はエコとか言ってますが。
高速道路値下げ・・・。
それもなんか面倒臭いカンジで。
わかりにくい感じで。
よく考えたらクルマ使えってか?
TVでチェ・ジウが「クサナギさぁ~ん!韓国ではクルマに乗らない日が決まってるんですよ~」みたいなこと言ってたよね?
CMかなんかでさ?
CO2とかブオンブオンじゃん!
どっちやねん!と。
なんかちゃんと考えて仕事してる人いないのかね?
いよいよ立候補考えちゃうよね!

オホーツクの厄介者流氷が今年はショボショボだったそうで。
で、実は厄介者とか言ってますがプランクトンの発生に大いに役立っているそうで、今年は流氷があまり来なかったせいでこれからの漁業に影響が出るのでは?と心配されているようです。
もうさ、アル・ゴアの言ってること大袈裟でもないしょ?

たしかに一人の努力が必要とされてきてるような気がしてるわけですよ。
だからこそ、考えなければいけないのがエコと便利の共存。
エコを意識し過ぎて不便になってたらそりゃあなかなか皆さんできませんよ。
さあ!いまこそDR・ナカマツの出番ではないかと!

我々の生活においてダイレクトに関わるエコとしてエコバッグがあります。
僕はこれがもんすごい馴染めずに毎回¥5払って袋を購入していました。
もともとコンビニピープルの僕にはエコバッグを購入するとかしないとかではなく、常に持ち歩くということが物凄く難しいことで。
ところがある日、意外とジャスコ率が高くなってきていることに気がつきジャスコでカードを作る。
JALのマイレージなんかも対応しているものらしく作ってみた。
なんかこーゆーの気にしたことなかったのだが最近ちょっと得した気分にもなっている。
でジャスコへ行くことが増えてくるとエコバッグも使わないとなぁ・・・と考えるようになる。
とそこに。
マイカゴ。
カゴちゃん。
このカゴを購入すればエコバッグも要らず、袋詰めの作業もいらないというスグレモノ。
さらに返却すればお金が戻ってくるとか。
どぉーせ車で行くんだしコレでいいじゃん!と購入!
便利!
でなんかいい気分!
袋なんかより丈夫で家に着いてからでも片手にOZZYを抱いて、片手にカゴのほうが移動にも便利!
コレいいじゃん!

がある日。
物凄いことに気がつく。
それはセンス!
あのカゴに商品を上手に入れられるセンスが重要であること。
そもそも僕が店舗用のカゴにピッタリ、イッパイッパイに入れてレジに入る。
センスのあるレジ係の人だと僕がピッチピチだったのにもかかわらず、少々の余裕までできるくらいに上手に収納してくれるのだ。
(さすが・・・)と感服。
ところが、このセンスのないレジ係の人も当然いらっしゃって・・・・。
もう、どんだけハミだしますかと。
さらにハミってるのがケロッグの箱2つって・・・絶対すべって落ちちゃうし・・・つ箱物はわりと先に・・・

結局、レジを出て全てやりなおし。

先程、エコと便利の共存とか言ったけど。
求められるのは人的技術かもね。
レジ係の人の収納テクニックの向上も気になる処ながら・・・
(何番のレジの人が上手だろう?・・・)と見抜ける選球眼的なチカラを身に着けなくちゃね。
なるべくデータ収集して(あ!あの人だ!)と自分なりの担当者を決めちゃうのもアリかもね。

火曜市までには作戦練らないとなぁ・・・。

スポンサーサイト
2009.03.20 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://karakuributai.blog92.fc2.com/tb.php/633-e81a9a6e
  1. 無料アクセス解析
Tweet aokipoliceをフォローしましょう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。