札幌のお店、カラクリブタイとクロスカウンターのスタッフブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
※ 読まれる前に

本文は寝ぼけて書いたフワフワな内容の上にムダに長いので暇なときにでも読むことをオススメします。

【ルーレット】

♪ルーレットが回るように毎日が過ぎていくんだ なににどれだけ賭けようか?♪
マーシーの名曲。
当時は結構ヘビーローテした覚えがあり、時々口ずさむことも。

OZZYと夜のドライブ。
着いた先でおまけの散歩。
こう考えるとOZZYの縄張りはかなり広い。
ほんで帰ってきて、OZZYがあちこち掻いているので風呂に入れる。
上がるとついてたTVに【 しりあがり寿 】さんが出ていた。
OZZY乾かしたり、ブラシかけながらダラダラ観ちゃって。

でそのなかで出てきた言葉に【ルーレット】ってのがありまして。
なんかいいなって思える話で。
観た人はラッキー。
半分寝ぼけてたし、ながら観だったから上手く説明できないけど。
現代は大変だと。
お金や時間をチップだとすれば、それをドコに、どれに賭けていいのか?
賭ける以前にその判断に迷ってしまう。
言えば、迷うほどの膨大な選択肢があるということ。
もしかすると、良かれと思っていろんなモノや仕組みを作ってきたことによって選択肢は膨大に膨れ上がり、やがて人々はそこで迷い、困惑してしまっているんじゃないだろうか?

・・・・・・・・・的なことをおっしゃっていたような。

で、仮に【お金持ち】を選択した人がいたとして。
賭けが成功して【お金持ち】になれたとしても、そこを選択したばかりに選ぶことの出来なかった別の選択肢のことを思い出して、「あそこであの道を選んでいたら・・・」という思いが亡霊のようにつきまとうのではないだろうか?

・・・・・・・・・的なことをおっしゃっていたような。

わかるような。
わからないような。

僕自身は毎日を精一杯生きるしかない。
こう書くとカッコよく聞こえるかもしれないが決して【毎日を頑張って生きている】というような意味でとらないで欲しい。
今日はサボりたい・・・と思えばサボり。
このことについては全力で取り組みたい・・・と思えば甘い誘惑にも勝てる。
それは人よりちょっとだけ、死に限りなく近い状況に置かれたことがあるので。
シンプルな判断が楽に出来ているような気がする。
だから、「なににどれだけ賭けようか」ってのは、さほど難しいことではないように思えた。
がしかし、日々無尽蔵に増え続ける選択肢の多さには共感できる。
また、なにものかが作った選択肢そのものの責任がどこに所在するのか?が物凄くいい加減に思える。
僕はリクルートの仕事にも少々関わったことがあるので実感しているが【専門学校】には強くそれを思う。
【○○専門学校】に通ってる学生。
しかし、その学校で得た知識・技術を活かせる者は決して多くないのが実情だ。
これは、学生からの言葉で毎年聞かされていて、痛感している。
『教えることは教えました。あとは、頑張れ』ってのは・・・どうなの?
まあ、全部が全部そういうのとは言うつもりはないけど、結構多いはず。

就職活動についてはまだまだ物申したいことがたくさんある。
沢山あるから、それについてはまた今度にするけど・・・世の大人たちはもう少し若者たちに真剣に向かい合うべきだと思う。
『最近の若い連中は・・・』ってよく聞くし、たしかに最近の若者たちは手強いのも知ってるけど。
でも、大人なんだから彼らより経験や情報を持ってるはずでしょ。
嫌な顔したり、叱ったり、見て見ないフリする前に与えてあげてくださいよ。
そりゃあ若者チームに「いらね~よ!ウゼぇ~よ!」とか言われてポイって捨てられちゃうかもしれないけど、一度は自分の持っているものを、彼らがまだ持っていないものを与えてあげてみましょうよ。
その中に彼らにとって必要なものがあれば、一度は捨てたものでも、あとでコッソリ拾ってたりするものだと僕は思いたい。
その時に「あのオヤジ・・・このことを・・・」的なのってステキやん。

なんか長々書いてるけど、それくらい今の学生たちも『選択』に苦しんでるということです。
会う学生から「なにがしたいのかわかりません」って言葉が頻繁に、そして普通に聞こえてくるほど彼らは迷っているんです。
大人がいるならアシストすべき!

例によって話が逸れた。

しりあがり寿さん話題2。

天国のビジョン。

ちょっと昔までは天国っていうと、

♪雲の上でね~

♪ノンビリとね~

なんていう、もうある一定の年齢まで来ると「早く逝きたいなぁ~」なんて言えるようないいカンジのビジョンが持てていたのではないだろうか?
でも、現代は面白いものが多すぎて『天国』をイメージするのが難しい世の中ではないのか?
『天国』って?
どんな世界?
なにがあるの?

・・・・・・・・的なことをおっしゃっていたような。

そぉー言われれば・・・『天国』って?
考えても・・・う~ん・・・ってカンジ。
あなたは『天国』をどんな風にイメージしていますか?
というかイメージできますか?

関係ないけどウチの母親は生きているのに僕の夢枕に立ったことがあります。

長かったね~。
最後まで読んでくれたアナタに。
なにかイイコトがあるといいですね。

♪ルーレットが回るように毎日が過ぎていくんだ なににどれだけ賭けようか?♪




スポンサーサイト
2008.09.02 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://karakuributai.blog92.fc2.com/tb.php/504-8aa3ff02
  1. 無料アクセス解析
Tweet aokipoliceをフォローしましょう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。