札幌のお店、カラクリブタイとクロスカウンターのスタッフブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
t-1
ラストを飾るというのはどういうことか。

紅白でも、とりを飾るのは大物しかしないし、
目立てるし、一番いいとこ取った感もある。

でもね。

プレッシャーですよ。そりゃあ。
だって、それまでよくても、ラストがへぼかったら
全部台無しだもん。

だから、ラストにはそれまでの流れ以上に意味を込めます。
そこまで作った流れをぐっと花火のように打ち上げるような。

「来年もまたこのステージで、このロックフェスで会おうぜ、
それでは聴いてください、『ロード8』!」

いやいや、終われないから。
それじゃ来年は来ないから。

「来年もまたこのステージで、このロックフェスで会おうぜ、
それでは聴いてください、『未来予想図2』!」

うん、まあ、終われるね。名曲だし。
でもしっぽりで終わるのは嫌だなあ。

「来年もまたこのステージで、このロックフェスで会おうぜ、
それでは聴いてください、『負けないで』!」

終わりっぽいけど、最後の方になると何回もかかるでしょ、
走ってるとき。だから飽きるよね。どうせ間に合わないし。

「来年もまたこのステージで、このロックフェスで会おうぜ、
それでは聴いてください、『これが本当のゴルフだ』!」

いや、知らないでしょ?だいたいの人は。
普通そこは『オラ東京さいぐだ』でしょ?メロディー同じだからって
そっちを選ばないでしょ。

「来年もまたこのステージで、このロックフェスで会おうぜ、
それでは聴いてください、『宙船』!」

アー!いいねー!盛り上がっちゃうね。
『マイボスマイヒーロー』思い出しちゃうね。ガッキー!!

「来年もまたこのステージで、このロックフェスで会おうぜ、
それでは聴いてください、『誰か忘れちゃいませんか』!」

ああ~なるほど。この〆は綺麗だね。
ぐっとくるものがあるね。
やっぱり〆はこの曲だなあ。
欽ちゃんは頑張れなかったけど、俺は頑張るぞ!
53400026.jpg

スポンサーサイト
2007.08.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://karakuributai.blog92.fc2.com/tb.php/203-c022667e
  1. 無料アクセス解析
Tweet aokipoliceをフォローしましょう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。